紫外線対策をばっちりして美白を目指す

年齢と共に衰えていく肌。美白を守るためには毎日のちょっとした心がけと意識が必要です。その中の一つとして、紫外線対策を万全にすることは、割と簡単にまたUVクリームを塗ったりすることよりも低予算でできる方法として実践しやすいです。

紫外線は、シミやしわを作る最大の敵ともいえます。紫外線は夏に多いと思われがちですが、実は夏だけではありません。日差しが強くなり始める5月から残暑厳しい9月頃までは特に要注意ですが、それ以外の月にも紫外線は一年を通して対策を取る必要があります。紫外線が多く降り注ぐ時間帯は午前10時くらいから午後2時くらいまでですので、その時間帯の外出を極力控えるようにしたり、日陰を利用しながら移動するようにします。紫外線は、太陽からの直射だけではなく、地面に当たったものが跳ね返ったり、空気中に散乱している物もあるので、完全には防げませんが、日なたをあるくよりは日陰の方がよいです。

また、外出時には、日傘を利用したり帽子をかぶったりして紫外線を防ぎます。さらに、なるべく肌がさらされないように衣服でカバーするのも効果的です。なるべく色が濃いもので生地の目がつまっているものがよいです。

さらに、サングラスをかけるのも効果が期待できます。紫外線をキャッチしてダメージを受けた角膜が、脳にメラニン色素を作るようにと命令し、シミやそばかすの原因になるメラニン色素を作り出してしまうので肌が黒くなってしまいます。UVカットサングラスをかけるようにするとよいです。

これらの外出時にできることを行った上で、さらに日焼け止めクリームなどを塗ると効果的に紫外線対策ができ、きれいな肌を守ることができます。
だけど…どんなに紫外線対策をしたとしてもシミというのは出来てしまいます。そこで試してもらいたいのがハイドロキノンクリームです。ハイドロキノンは市販でも購入できますが美容皮膚科などで診察してもらってから自分の肌の状態に合わせ濃度などを決めてから使用するのが安全で効果的でしょう。

なにはともあれ、まずはシミが出来てしまわないように極力紫外線を避けることが大事です。それでもどうしても出来てしまったシミにはハイドロキノンクリームなどで対処するというのが、お肌の負担を減らし若々しい肌をキープするコツです。